安いと話題のベビーベッドを探すコツ|安全面も考慮しよう

乳児と女性

乳幼児の飲み物

家族

何を飲ませるべきか

赤ちゃんに与えるべき飲み物は、基本的には母乳やミルクとなります。生後5ヶ月くらいまでは、母乳やミルクが栄養と水分補給の役割を果たすため、それ以外の飲み物を与える必要はありません。逆に、赤ちゃんの胃腸の機能が未発達の時期に母乳やミルク以外の飲み物を与えると、下痢などの症状を引き起こすことがあるので注意が必要です。赤ちゃんがミルク以外の飲み物を飲めるようになるのは、生後3ヶ月を過ぎた頃になりますが、その時も、夏場やお風呂上りのさいに失われた水分を補うために与えるというのが基本です。水道の水を飲ませる場合は、一度沸騰させて冷ました白湯を与えるのが安全です。一般の水にはカルキや塩素が含まれているため、煮沸することでそれらを除去し、また殺菌する効果もあるからです。ただし、白湯は保存がきかないため、その都度つくってあげる必要があります。ミネラルウォーターを飲ませる場合、注意する点は軟水を選ぶようにすることです。ミネラルウォーターはミネラル分を多く含むものですが、このミネラル分が多い硬水は、赤ちゃんの胃腸では消化できないため、それよりもミネラル分が少なく、胃腸の負担も少ない軟水のほうが、赤ちゃんにより適した飲み物です。ミネラルウォーターはペットボトルで買うこともできますが、ウォーターサーバーがあれば、水もお湯も使えるため、お勧めです。他には、不純物の混じっていない純水も赤ちゃんの飲み物としてはお勧めです。